Search


Category Archives



2006年12月14日

金子賢が大晦日に真価が問われる1戦

 大晦日のK−1Dynamite!!(京セラドーム大阪)のカード発表が12月13日に都内で行れ、俳優の金子賢(30)の参戦が決定した。→ranking

 総合格闘技2戦2敗の金子賢は“引退覚悟”でタレントのボビー・オロゴンの弟、アンディ・オロゴン(23=ナイジェリア)と対戦することになる。総合のキャリアのない相手との真価が問われる1戦に、背水の陣で臨むことになる。

 追い込まれていることは、誰よりも金子賢本人が分かっていた。「Dynamite!!は出たいと思っても出られる大会じゃない。引退という言葉はないが、ラストチャンスの気持ちで頑張りたい」とのこと。悲壮感を漂わせながら決意を語っていた。

 K―1で1戦1敗のキャリアはあるものの、総合格闘技経験のないアンディとマッチメークした谷川イベントプロデューサーは「真価を問われる試合」と話した。昨年の男祭り、10月のHERO’Sと、過去の2戦は何もせずに敗れている。前回の試合後には前田明スーパーバイザーも「身の丈に合った大会に出た方がいい」と苦言を呈した。周囲の目が厳しくなっていることは、金子賢自身も分かっているはずである。

 だからこそ、今回は初勝利のために特訓を重ねている。週5日、師匠の桜庭和志とともに練習をしている。「桜庭さんもスパーの相手をしてくれる。技も指導してもらっているし、強くなっていると思う」と手応えを話す。俳優業は今も休業しており「再開する気持ちはない」と、負ければ“プータロー”になる覚悟もできているらしい。

 アンディについて金子賢は「ピンとこなかった。今までとは違う相手。打ち合いになっても、気持ちさえ折れなければいける」と強気の姿勢ものぞかせていた。これまで金子賢の試合は、2試合とも全カード中最高の視聴率をマークしている。「自分の試合で大会を盛り上げたい。きっちり勝っていい年を迎えたい」と話した。“視聴率パンダ”で終わるのか、それとも3度目の正直で“男”になるのか。大みそかは、金子賢の人生が懸かっているのだろう。→ranking



comments

comment form

(芸能ニュースの倉庫 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form