Search


Category Archives



2007年01月19日

クリームを使った秋山を無期限出場停止


 秋山成勲(に厳罰が下った。昨年大みそかの「Dynamite!!」の桜庭和志(37)戦後に、スキンクリームの使用が発覚して失格と推定1000万円以上とみられるファイトマネーを全額没収された秋山成勲(31)の処分に関して1月17日、谷川貞治イベントプロデューサー(44)は「無期限出場停止」を発表した。会見に同席した桜庭和志秋山成勲のプロとしての姿勢を非難し、再戦を拒否した。→ranking


 これほど重い処分を誰も予想していなかったのでは。谷川EPは「審判団は、ルール上で一番厳しい失格、無効試合としたが、プロモーター側としては、秋山を無期限出場停止の処分とします」と衝撃の発言となった。

 1月11日の審判団の処分発表と秋山成勲の謝罪会見で収束させるつもりだった。しかしネット上に乱立した桜庭―秋山成勲戦の検証サイトでは議論が収束せず、大会を主催したFEGのサイトには現在も1万件以上の抗議メールが届いてしまった。谷川EPは反響の大きさに「HERO’Sを総合格闘技としてしっかりしたものにしたかった。うやむやのままに終わらせたくなかったし、断腸の思いで重い処分を下した」と厳罰を決定した。

 既に谷川EPは前日の16日に秋山本人に直接会い、処分を通達したらしい。「秋山も処分を受け入れた」と言う。さらに秋山から3月に行われる予定のHERO’Sで直接ファンに謝罪したいと申し出があったが「混乱を招く」と断ったと言うことだ。


 会見に同席した桜庭和志は「証拠のビデオを見て今は納得した。秋山には、プロとして子供たちに夢を持ってもらう仕事なのでしっかり行動してほしい」と要望として述べた。また「クリームを塗ったことが認識不足では済まされない」とプロの格闘家としての自覚の足りなさを厳しく指摘した。

 注目の再戦についても桜庭和志は「今のところ(再戦は)ない」と完全拒否の姿勢を示した。格闘界の1年を締めくくる大みそかのメーンイベントを襲った騒動は、無期限出場停止という厳罰でやっと一区切りつくことになるのだろう。




 ▼ルール改正を検討▼
 前田日明スーパーバイザーは、秋山成勲の処分について「(HERO’Sは)まだ1、2年で7、8回のリングしかやっていないが、ルールやジャッジをこれからもちゃんとやっていきたい」とコメントを述べた。

 谷川EPも審判団と桜庭、所、宇野の3選手の意見を聞きながら、システムやルール改正について検討して行くとのこと。→ranking



comments

comment form

(芸能ニュースの倉庫 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form