Search


Category Archives



2007年02月12日

ハンカチ王子を怒れない早大監督


 進学する早大の練習に参加中の早実の斎藤佑樹投手。国民的ヒーローを預かった苦労は尽きないみたい。
 6日の守備練習中には、早大の応武監督から『初カミナリ』を落とされた。だが翌日の報道を見て一番驚いたのが応武監督自身であった。ノックの際に「斎藤っ!」と叫んだだけなのに、これが大々的に報じられてしまったからだ。→ranking


 応武監督は、「決してカミナリ親父にはなってませんよ。世の中のおばさんを敵に回したくないんで...」と苦笑い。

 応武監督は、「この間と同じでミスはある。ミスをしないように練習をするんだから」と話しているが、あの一件で、うかつには怒れなくなってしまったもよう。この日も、走者一、三塁を想定した場面で、ミスがあったものの、一喝はなく、普通にやり直しを命じただけだった。

 実は、監督の悩みはこれだけではない。

 当面の目標は春のリーグ戦となる。「まず見ることが大事。明治、法政のイメージをつかむには、聞くよりも、実際に見なければ」と、初対決となる斎藤佑樹には、よそのチームのオープン戦を視察させたいところだ。しかし、「彼が観戦に行ったら、どうなることか...(神宮の)ウオーミングアップの場所まで指定されているんだから」と混乱を心配している。変装させてでも視察に行かせるか、ビデオだけで済ませるか、応武監督は、いまだに思案中だとのこと。

 怒るに怒れない。視察にも行かせられない。まさに八方塞がりの状況だが、当の斎藤佑樹は、「もちろんチームとしては、春のリーグ戦の優勝を意識しているので。自分もその一員になれるように、先輩に迷惑をかけないようにしたい」と優等生コメント。
 
 このハンカチ狂騒曲は、一体いつまで続くことか...?→ranking



comments

comment form

(芸能ニュースの倉庫 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form