Search


Category Archives



2007年03月01日

売春暴露本でハリウッドに激震!


 米国西海岸を中心に高級売春組織を運営したとして、99年に有罪判決を受けたジョディ・ギブソン元服役囚が元顧客の名前を暴露した自叙伝が、現地時間1日に発売される。
 人気俳優のブルース・ウィリス(51)ら有名人が実名で20人以上登場しているらしい。ブルース・ウィリスは「会ったこともない」とギブソンとの関係を全面否定しているが、ロスでは話題沸騰している。→ranking


 暴露本のタイトルは「ハリウッド・スーパーマダムの秘密」(原題を翻訳)で、ロサンゼルス・タイムズ紙によると、売春組織の顧客として挙げられているのは、人気映画シリーズ「ダイハード」で知られるブルース・ウィリスのほか、「パール・ハーバー」主演のベン・アフレック(34)らハリウッド俳優らがいる。更に、大リーグ・ドジャースの元監督トミー・ラソーダ(79)や産油国の王族に至るまで幅広いセレブたち20人以上にである。

 ギブソンは90年代初めから、米国の16州と欧州にまたがる売春あっせん組織を経営している。ポルノ女優やプレイボーイ誌のモデルら約300人の売春婦を雇い、1000人以上の顧客を抱えていたとのこと。顧客から1回3000ドル(30万円以上)を得ていたとされる。1999年に売春斡旋容疑などで逮捕され、約3年間服役し、02年に出所した。

 ギブソンは顧客リストを作っていたとされ、顧客の名前、住所、電話番号だけでなく、予約の記録や性癖までを記載しているらしい。しかし、公開されなかったため、顧客名をめぐりさまざまな憶測を呼んでいた。リストの真偽を立証する証拠はなく、当局がウィリスらを起訴することはないと思われる。

 ブルース・ウィリスらは弁護士を通じ「会ったこともないし、なぜリストに載っているのか分からない」とギブソンとの関係を全面否定し、「我々の名前を利用して、本の売り上げを伸ばそうとしているのではないか」と非難した。
 トミー・ラソーダは「そのようなうその本を出すのなら、告訴も考える」と激怒しているらしい。→ranking



comments

comment form

(芸能ニュースの倉庫 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form